ガイド養成6期

プロガイド養成機構
第6期 日程
机上講習※Zoomで行われる机上講習は全て19時~21時に実施されます
項目日時会場
机上12022年9月1日木Zoomプロガイド養成の各講座の説明 保険の説明
机上22022年9月7日水Zoom自然保護と自然公園法
机上32022年9月8日木Zoom地形図ナビゲーション
机上42022年9月14日水Zoom気象(事前の情報収集と現場での観天望気)
机上52022年9月15日木Zoom雪崩遭難の対策と埋没者の捜索
机上62022年9月20日火Zoom登山医科学
机上72022年9月21日水Zoomガイドの為のテーピング
机上82022年9月28日水Zoom企画立案、リスク管理、登山文化の継承
机上92022年9月29日木Zoomギアの基礎知識と用語の整理
机上102022年10月12日水Zoom支点と支点構築
机上112022年10月13日木Zoomビレイの指導
机上122022年10月19日水Zoom懸垂下降の指導
机上132022年10月26日水Zoomレスキューにおけるロープ要素技術
机上142022年11月9日水Zoom搬送 ショートロープ
机上152023年3月5日日渋谷消防署上級救命技能認定取得
2022/10/27改定
実技講習
項目日程山域内容宿泊
実技-12022/11/19-20三ッ峠無積雪期ガイディング(ショートロープとフィックスロープ)四季楽園
実技-22023/02/25-26八ヶ岳積雪期ガイディングとアイスクライミング 雪上歩行の教え方赤岳鉱泉
実技-32023/03/25-26谷川岳地形図ナビゲーション・雪崩埋没者の捜索と対処・冬期ビバーク・シート搬送土合山の家
実技-42023/04/22-23三ッ峠懸垂下降・レスキュー・搬送四季楽園
実技-52023/05/20-21小川山ほか岩稜ガイディングとクライミング&ビレイ廻り目平
2022/09/01改定
通信講座
日程内容
通信教育~12月山の知識検定80点以上を合格とする
受講の為の要件
下記の条件を満たせば、どなたでもお申し込み可能です。
●所属山岳会でリーダー/リーダーに準じる会員であること。あるいは個人で冬山・岩登り等を行っていて、将来指導者になりたい方
●現在までに山行累積日数が300日以上であること
●年齢が75歳以下であること
●机上講習・実技研修のすべてに出席できること。
●日本スポーツ協会認定の山岳またはスポーツクライミングのコーチ(旧:山岳指導員)資格を有する方、あるいは将来資格取得を希望している方

自然保護指導員の資格を有する方は、自然保護の机上講習を免除
都岳連のトレッキング/マウンテンスクール、岩登り教室、沢登り教室、雪山教室の講師経験者は、指導実習を免除
都岳連各委員会の専門委員は、関連する机上講習科目を免除
「山の知識検定」(山検)ブロンズ以上の資格を有する方は、山検の通信科目を免除
ガイド養成機構特別研修の受講者は、ガイドとしての必要な科目を免除
日赤・消防の救急資格者は、救急法研修会は免除
ガイドの種類とガイド範囲
プロガイド養成機構では、「トレックガイド」「サミットガイド」「エキスパートガイド」の認定を行います。
●トレックガイド(TG)想定イメージ:クライミングはあまり行わないが長期幕営山行等の登山経験が豊富な方
無積雪期 地図上の一般登山道(実線)で示されたコース(ただし一部のコースは不可:Ex.槍~西穂・前穂、剱岳別山尾根など)
積雪期 例として 北八ヶ岳、奥多摩、丹沢
トレックガイドの職能範囲の内容に限り有料の技術講習会を行うことができます
●サミットガイド(SG)想定イメージ:一ノ倉沢南稜をガイドできる方
無積雪期 すべての山岳をガイド可能です
積雪期 例として 八ヶ岳赤岳、西穂高岳独標までは可能
アイスを含む冬期バリエーションルートのガイドはできません
サミットガイドの職能範囲の内容に限り有料の技術講習会を行うことができます
●エキスパートガイド(EG)想定イメージ:ワールドクラスの壁を登る実力を有している方
季節を問わず、国内の全ての山岳においてのガイド可能です
有料で一般登山者の技術講習会、トレック/サミットガイドの技術講習会、ガイドの指導養成を実施可能です
※講習途中で受講クラスを変更していただくことがあります。
2022/11/12改定
6期受講料
●トレックガイド:90,000円
(消費税込、別途保険料4,500円、計94,500円)
●サミットガイド:100,000円
(消費税込、別途保険料4,500円、計104,500円)
●エキスパートガイド:110,000円
(消費税込、別途保険料4,500円、計114,500円)
●各ガイド共通
山の知識検定Web検定受験費用 3,000円 受験時に支払い
東京消防庁の応急手当講習会 2,600円 受講時に支払い
交通費、宿泊費等の諸経費

すべての机上講習、実技研修の参加費、合格後に支給されるガイド認定書・ガイド証発行、ガイドワッペン、都岳連の徽章などを含みます(TMFガイドワッペン付きウエアは実費購入)。
受講途中で受講クラスがダウン、あるいは研修が中止となった場合、返金、差額返金はいたしません。
2022/09/25改定
申込期限
項目期日説明
申込期限2022/8/26申込専用フォームにご記入の上、ガイド種類別に用意された履歴書を添付してお申し込みください
お支払いについて2022/8/31受講希望者は、2022年8月31日までに、受講料の全額または一部(40,000円)を指定口座に振り込んでください 振替用紙の摘要欄にプロガイドと希望ガイド種類の明記をお願いします
(残額は2022年12月28日までにお振り込みください)
振込先 ゆうちょ銀行 記号00150 番号3-616502 019店 当座預金 0616502
公益社団法人 東京都山岳連盟 (振込手数料はご負担ください)
申込方法
申込専用フォームに必要事項を記入の上、「ガイド種類別に用意された履歴書」をダウンロードして記入し添付してお申込みください
1.申込専用フォーム
2.ガイド種類別に用意された履歴書
トレックガイド登山履歴書
サミットガイド登山・クライミング・指導履歴書
エキスパートガイド登山・クライミング・指導履歴書
なお、記入された情報はプロガイド養成機構の事務業務以外には使用いたしません
各ガイド資格の共通事項
ガイドレシオについて
認定ガイド資格の取得者は、コース毎にガイドが案内出来る人数を遵守しなければいけません。
保険加入について
認定ガイド資格を所有する方は、個人で顧客を募集してガイドを行う場合、行事主催者賠償責任保険の加入が義務付けられています。
ただし、所属山岳会の会山行など、対価を伴わない場合の行動制限はありません。対価とは、ガイド料・交通費・宿泊費・食費などが含まれます。

認定ガイドは、有効期間(3年間)内に義務研修を受講する必要があります。

認定後に発生する費用
ガイド登録料:
3,000円
義務研修費(年間):
3,000円
年会費:
10,000円(14ヶ月以内にお支払いいただけない場合は退会となります)
*ガイド業務を行う場合は、この他にガイド用業務保険加入等の費用が発生します。
認定後の支給品
各種の認定書
各種のガイド証
都岳連ワッペン1枚
都岳連徽章
後援団体
jRO日本山岳救助機構合同会社
一般社団法人 日本山岳検定協会
株式会社モンベル

問い合わせ先
公益社団法人東京都山岳連盟 プロガイド養成委員会
委員長 賀来素明
080-9986-9198 
tmf_proguide_office@googlegroups.com

このブログを検索